読書」カテゴリーアーカイブ

河﨑秋子「ともぐい」を読んで

今般の直木賞受賞作2作品で、2つ目を読んだ。北海道・道東部に住む作家の描く猟師の … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

万城目学「八月の御所グラウンド」を読んで

今般の直木賞受賞作、2作品のうちの一つを読んだ。ページ数200ほどで、平易な文章 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

山田詠美「肌馬の系譜」を読んで

私よりも少し若年で過去から現代までの時代を断片的に綴った山田詠美の最新エッセイ集 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

九段理江「東京都同情塔」を読んで

今回、第170回の芥川賞受賞作を雑誌を通して読んだ。今月発表された本作、選考委員 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

川野芽生(めぐみ)「Blue」を読んで

題記の芥川賞候補作を雑誌を通して読んだ。昨今、話題を呼んでいるトランスジェンダー … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

小砂川チト「猿の載冠式」を読んで

次週1月17日発表となる170回芥川賞候補作で題記の小説を雑誌を介して読んだ。こ … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

安堂ホセ「迷彩色の男」を読んで

今月1/17選出予定の第170回芥川賞の候補である題記作を雑誌を通じて読んだ。 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

伊集院静「ツキコの月」を読んで

先日、図書館に行った折、今年最後に何か読もうと借りたのがこの一冊。著者は伊集院静 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

図書館予約

去年は確か雪模様でホワイトクリスマスだった。今日は午前中は陽射しがあったものの午 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする

永井紗耶子「大奥づとめ」を読んで

題記の作家の本を読むのは4作目だ。この1ヶ月ほどで3冊読んだが、読んだその順は著 … 続きを読む

カテゴリー: 読書 | コメントする